2019年04月29日

ウェントワース女子刑務所 シーズン6 #10 薄れる記憶

ヴェラのもとには”何をしたか知ってる”というメールが届き、リズは混乱する記憶の中、シャワー室で誰かがマリーの名前を呼んだことを思い出す・・・

それではここから先はゆる~くネタバレを含む感想です。

~リタとルビーの動向~

面会に来たレイは、リタの間違った情報のせいでケガをしていた。勘違いだったと釈明するリタ。

そしてレイからは、プロポーズが断られることも何か隠していることもわかっていたが、それは愛しているしいつか話してくれると信じていたと言われる。

すると、「複雑なの」と言い訳するリタ。結局二人は別れることになり涙を流す。

一方ルビーの元には、ダニー殺害の日に一緒にバーにいたシェリーが面会にやってくる。ルビーはマリーがあの日バーにいた全員を追跡しているから気を付けるようにと警告。

そしてマリーの部屋にやってきたアリーは、壁一面に張られたダニーが殺害された日に撮られた写真の中に、ルビーに面会にきていたシェリーの姿を見つける。

そのことをルビーに話すと、マリーには言わないでと口止めされる。

~ヴェラへの脅迫~

ヴェラの元には口止め料に50万ドル払えとメールが届き、ジェイクはヴェラに金を払ってもらおうと考える。

刑務所行きを恐れるジェイクは、ジャクソンにしつこくヴェラに金を払わせろと食い下がり、最後にはジャクソンに頭突きを食らう。

そしてその足でヴェラの家に行き、刑務所は嫌だ、全員で話し合うべきだと言い、脅迫者はファーガソン脱獄時の看守チャニングではないかと疑う。

~ソーニャの置き土産~

ブーマーの元には、ソーニャの弁護士が面会に訪れる。ブーマーの上訴の件でソーニャから相談を受けていたと話し、費用はソーニャが支払い済みだという。

~リズを巡る動向~

リズがシャワー室でチェリー襲撃を目撃したことを知ったマリー。リズには私じゃないと弁明。するとリズは自分が認知症だということを打ち明ける。

そしてリズは、不確かな記憶の中、犯人はブーマーかもしれないとカズに話す。

一方でマリーは何かとリズを気にかけ、ザラに対しては、彼女は認知症だから私にまかせてときつく言い聞かせる。

そんな中、マリーの薬の運び屋だったテイラーが薬の過剰摂取で倒れ医務室へ。

そしてチェリー襲撃の犯人がブーマーかもしれないという噂を聞いたヴェラたちが、ブーマーの部屋をガサ入れすると凶器が見つかり、ブーマーは独房へ。

だけどリズは、チェリーを襲った犯人がザラだったことを思い出す。

ザラがブーマーをハメたと知ったマリーは、ザラを叱りつけるも、ザラはマリーを守るためにやったの一転張り。そしてマリーに愛してると告げ、リズには手を出さないでと言っても言うことを聞く気は全くなし。

そしてシャワー室でリズを襲おうとするも、マリーに止められる。

リズは正気を失っていくことに耐え切れず、マリーに「ザラに私を殺させて」と口にする。

一方で、テイラーのヘロインには殺鼠剤が混入していたことが判明。

その後マリーはリズの部屋を訪ね、3回分のヘロインの入った注射を見せて、これを打てばもう二度と目覚めないと言って渡す。

リズは子供たちに手紙を残し死ぬ決意を固めるも、いざ注射を打とうとしているところへカズが現れ止められる。そしてマリーから注射器をもらったことを話す。

早速マリーの元へ向かったカズだったけれど、部屋の外でリズは点呼までに死ぬから心配いらないとザラに話しているのを盗み聞きしてその場を立ち去る。

そして医務室にいるテイラーのところへ行き、薬には殺鼠剤が入っていたことを告げ、どこにあるのかを聞き出して薬を回収し、マリーの部屋に侵入。マリーが隠していた薬と殺鼠剤入りの薬を入れ替える。

そしてその夜、マリーが倒れる。

~感想~

リタってばレイのことは本当に愛していたのね。なんかちょっと救われた。リタは好きなキャラだし、レイへの態度は完全な演技だって言われたらちょっとショックだしね。

複雑なの、って言ったリタの言葉に、単純だと返したレイの一言。そうなんだけれど、その通りなんだけれど、残念ながらそうもいかない時もあるんですわ。

リタは、自分を守るために愛を諦めることもある、ってルビーには話していたしね。

そしてカズはとっても危険なことに手を染めちゃったわ。

マリーがあのまま死ぬとは思えないし、ザラがこのことを知ったらただじゃ済まないことは間違いない。ザラってばターミネーターみたいで怖いのよ('д` ;)

この先、カズ逃げてぇ~~~~~って事態にならないことを祈っているけれど、並々ならないザラのマリーへの愛情が恐ろしすぎて最悪の事態も想像しちゃう。

それにマリーってば殺鼠剤入りのヘロインをテイラーで試したってこと?その3倍の量をリズへ???だとしたらやっぱり恐ろしい女(((( ;゚д゚)))

そしてソーニャってばなんなのよ、ブーマーを喜ばせちゃって。頂きましたよ、ブーマーからは「本物の天使」って言葉。でもきっとこれもすべて自分のイメージアップのためだったのよね。

そしてそしてやっぱり気になるのは、ヴェラたちを脅迫している人物のこと。

ヴェラに恨みを抱いているのかと思っていたけれど、実はファーガソンに恨みを抱いているんじゃないかとも思えてきた。

そうなると、看守だったフレッチャーも怪しい。死んではいなかったと思うんだけれど、もう記憶があやふや。なかなかのクズ男だったはず。

それから今回はジェイクのクズ発言が止まらない。ジェイクはやっぱりこうでないとね。知ってたよ、ジェイクがクズだってことは。だけど久々に連発のクズな言動。

それでもやっぱりヴェラを巻き込んだジャクソンが一番最低。今更だけれど、なんでヴェラに言っちゃったかなぁ。


にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

mikan_x at 07:53│Comments(0) ウェントワース女子刑務所 

コメントする

名前
 
  絵文字