2018年08月17日

森永 ピノ トリュフショコラ

今日ご紹介するおやつはこちら(*・ω・)ノ

20180817-1

20180817-2

20180817-3

20180817-4

20180817-5

パッケージを開くとチョコの香りがお出迎え(*´Д`*)

早速一つ目を頂いてみると、いつも通りチョコのコーティングがゆるりゆるりと溶けてゆく。そして中のチョコクリームが上手い!

カカオ成分が高い、甘みを排除した苦味の強さで推してくるものを想像すると、見事に裏切られる、いい意味で。もちろんしっかりとした苦味があるんだけれど、甘いチョコも好きだという気持ちを見事に汲んでくれている。それでいて甘すぎるなんてことは決してない。

そしてこの酷暑の中、エアコンもつけずにちんたらと食べていたら、6個目を食べる頃にはすっかり食感が変わってしまった。

4個目くらいまではアイスクリームだったんだけれど、6個目を食べる頃には、チョココーティングの中がまるでチョコドリンクのようにトロトロに。これはこれで美味しいんだなぁ(☆゚∀゚)

ちなみに今回のピノはアイスクリーム規格。お値段は通常のものより若干割高だけれど、美味しかったですよ。

1粒あたりのカロリーは36kcal 詳細はコチラ

20180817-6



2018年08月08日

オイシス ふんわりクリームサンド カスタード&ホイップ

今日ご紹介するおやつはこちら(*・ω・)ノ

20180808-1

20180808-2

20180808-3

20180808-4

20180808-6

20180808-7

コチラは高さのあるスイーツ、中央辺りを測ってみると約5cm弱。

中心部まで隙間なくクリームが詰まってる。外側の波打つクリームを見て、中心部は空洞になっているのではないかと想像していたんだけれど、そんなことは一切なかった。

そしてパッと見るとカスタードとの境目が非常にわかりにくい。

それから生地、文字通りふんわりではあるんだけれど、油脂感は強く感じる。ちょっと油臭いかな。

たっぷりのホイップついて言うと、正直ちょっとイマイチ。だけど、カスタードと生地と一緒に食べると良い塩梅に。

普通に美味しかったけれど、ちょっとお腹にたまるしつこさもあり。これはクリームよりもサンド生地のせいかなぁ。

カロリーは244kcal。税込108円でした。

20180808-5



2018年08月04日

映画「ミッション:インポッシブル フォールアウト」

20180804-1

監督  クリストファー・マッカリー
製作年 2018年
製作国 アメリカ
出演者 トム・クルーズ ヘンリー・カビル ビング・レイムス サイモン・ペッグ レベッカ・ファーガソン ショーン・ハリス アンジェラ・バセット

「ミッション・インポッシブル」シリーズ第6弾。

ミッションは盗まれた3つのプルトニウムを回収すること。しかしそれを目前にしながらも回収することに失敗したIMFチーム・イーサン、ルーサー、ベンジーの3人。そして再度プルトニウムを回収するために、新たなミッションが始まる。

しかしCIAから横槍が入り、CIAのエージェント・ウォーカーが監視役としてイーサンたちに同行することになるのだけれど・・・

もう内容なんてどうだっていいんじゃないの?と思える作品。というのも、やっぱりアクションが凄いから!その凄さというのが持続力。まだ追いかける?まだ追いかけられる?っていうね、とにかく一息つくまでが長い。

パリでのバイクの疾走シーンでも逃げる逃げる!思わず追いかける側をほめてあげたくなるくらい。

20180804-2

そしてそれは空でも変わらない。今度はイーサンが追いかける側だけれど、イーサンが”考える”って言葉を口にしたときは、十中八九ノープランで行き当たりばったり。最後にはなんとかするってわかってはいても、やっぱりドキドキしてしまう。

20180804-3

なので逆に、人が真面目な顔して静かに話してるシーンがちょっと退屈なのよね。本当にそう思っちゃうくらい、イーサンがすることなすこと何してくれてますのん、の連続なの。

そして私が好きだな、って思うのは、あれだけのハイテク機器を使いながら、戦いに関しては肉弾戦なところ。いわゆる殴り合い、蹴り合い、絞め合い、ってやつね。最後は必ずイーサンたちが勝つってわかってはいるんだけれど、敵がまた強いのよ。そのさじ加減も好きだけれどね。

それからトムが撮影中骨折したっていうシーン。あまりにも自然に足を引きずるから、それがどこかもすぐに気付くと思うわ。

内容としては、前作からの流れを汲んでいるので、ローグ・ネーションを押さえてから鑑賞しないと、何が何やらサッパリになっちゃうわよ。



mikan_x at 14:16|PermalinkComments(0) 洋画 

2018年08月02日

POWER / パワー シーズン2 #9 夢の終わり

ロボス逮捕現場にジェームズがいなかったことにモヤッとしているアンジェラを横目に、ジェームズはどうやってトミーを救うつもりなのか・・・

それではここから先はゆる~くネタバレを含む感想です。

逮捕されたトミーは、保釈聴聞が開かれるも棄却され保釈は叶わず。

一方アンジェラはグレッグから、情報源がジェームズ(=ゴースト)なら彼の証言が必要だと言われるんだけれど・・・

そしてジェームズに会いに行くアンジェラ。するとジェームズからは。君にとって何が一番大切か見極めろと言われてしまう。

その頃ショーンはカナンたちとゴースト殺害のプランを綿密に打ち合わせ。

トミーが逮捕され怒り狂ったターシャがジェームズを激しく責めたてると、ジェームズはトミーのことは必ず救うとキッパリ。

そのトミーの弁護をするのはジェームズに雇われた、ヤクの代金を滞納中の弁護士。この弁護士とジェームズにはプランがあるようだけれど、トミーには秘密みたい。ただ、トミーがタレこまないようにしろと、ジェームズは弁護士に指示していたわ。

一方、ゴーストを殺してロボスからの仕入れをそのまま引き継ごうと目論むカナンやルイスたち。

ターシャもショーンに、子供たちを連れて街を出るから一緒に来てほしいと告白。

その後、ジェームズを車に乗せて走るショーンだったけれど、計画通り殺害を実行することはできず見送ることに。

アンジェラはジェームズの元を訪れ、トミーは刑務所に行くわと言い、私たちは時間切れね、とジェームズに告げる。

そして看守に、カメラもマイクもなく弁護士もいないところにトミーを連れてこさせたアンジェラ。そこでロボスの罪を立証する手助けをしてくれれば減刑すると持ちかけるも、逆にトミーからは別の誰か(=ジェームズ)をタレこんでもいいんだぞ、と脅されてしまう。

翌日裁判が始まり弁護人からは、身元確認に使われたとされているのは未完成の似顔絵だが、実際に使われた似顔絵が別の完成版の似顔絵であったことから、棄却の申し立てがなされる。

アンジェラがこの似顔絵が外されたのは単純なミスだと反論するも、判事は身元確認は成立しないとし、訴状は再訴を禁じた棄却。

怒りが収まらないアンジェラはジェームズの元を訪れ似顔絵を盗んだわね、と言うと、ジェームズは携帯に細工をして逮捕しようとしたと応酬。そしてロボスは差し出したけれどトミーはダメだと言い、汚い手を使って勝負して君が負けたと言い放つ。

アンジェラはジェームズを断ち切るためにあなたはゴースト?と聞くんだけれど、ジェームズは答えるはずもなく、この期に及んで二人を阻むものはないとアンジェラを引き留める。けれどアンジェラは「ゲームは終わりよ、最低ね、ゴースト」という言葉を残して去っていったわ。

そんなアンジェラを尾行し写真を撮るグレッグ。

その後大盛況の店でジェームズが倉庫に酒を取りに行くと、ショーンに後ろから銃を向けられる。

ジェームズはカナンの差し金だろ、と話を始め、実の息子を復習に利用するなんてカナンは父親失格だと言って振り返り対峙すると、あっという間にショーンから銃を奪ってしまう。

だけど殺すことはせず、ここはお前の居場所じゃない、カナンに縛られず親よりいい人間になれと言ってショーンを逃がしたの。

一方アンジェラの前に現れたグレッグは、ゴーストはトミーではなくジェームズの方で、そして君と彼がトミーを守ったと言い、二人が会っている写真を取り出す。けれど私もジェームズに騙されたと言い訳するアンジェラ。結局明日の朝、二人で一緒に上に報告しようという話に。

ターシャの元には1時間後に迎えにいくとショーンからメールが。

そしてショーンはカナンにゴースト殺しを失敗したこと報告。そこでターシャと一緒に街を出ることを話すと、カナンはショーンのお腹に銃弾を一発浴びせ、最後にお前は息子じゃないと言うと、頭にも一発撃ちショーンは殺されてしまったの。

~感想~
トミーの釈放にショーン殺害、裏切られブチ切れるアンジェラと、今回も息つく暇もありゃしない。

結果としてはジェームズの一人勝ちだけれど、アンジェラが去ってしまったから心境としてはどうなんだろう?アンジェラが戻ってくるという勝算はあるのかしら?

そしてアンジェラだってブチ切れてることは間違いないけれど、グレッグにジェームズがゴーストだとバレてしまい、内心は焦っていそう。だってジェームズがゴーストだと証明するものがないとか言ってたんだもの。

それになんといってもグレッグの執念というか未練も凄いわよね。アンジェラの様子がおかしかったことから始まった尾行だったけれど、これがアンジェラじゃなかったら絶対に尾行までしないでしょ?下心は絶対にあるね。

一方、ショーンの役割というかなんというか、やっぱりそんなもんよね、とカナン(父親)に殺された時に思ってしまった。やっとターシャと結ばれて逃げる算段までしていたのに、それは叶わず。もし一緒に遠くへ逃げたとしても、遅かれ早かれターシャをイライラさせるだけだったと思うわ。

そしてカナンはというと、ジェームズのせいで逮捕されたから復讐したくてたまらないのよね。もうね、父親としてクズの一言。ジェームズの肩を持つ気はないけれど、彼の方がショーンのことを大事にしていたわね。最後は殺されそうになりながら、ターシャとの関係を知る羽目になったけれど、彼のことを殺しはしなかったもの。

このままカナンが引き下がる様子は微塵もなかったし、ジェームズも大変ね。

一方、店の事務所が荒らされているのをカントスが発見したんだけれど、これにはどんな意味があるのかも気になるところ。

トミーもあのまま留置が続けば、ジェームズがゴーストだってことを喋りそうな勢いだったし、ジェームズもまだまだ安泰とはいきそうにないわね。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

mikan_x at 12:00|PermalinkComments(0) POWER / パワー 
楽天市場
livedoor 天気
QRコード
QRコード